いらない洋服を売ってみたい。オークションサイトの使い方

こんなに簡単?オークションの使い方

オークションには長い歴史があった?

オークションサイトと言っても一つではありません。服や小物以外にも様々なものが出品されていますので、自分にあったオークションに登録をする事から始めましょう。 登録に必要な手続きや流れを公開しています。無料・有料オークションの違いも説明しています。

さっそく出品してみよう!

登録が済んだら実際に出品してみましょう。出品時に必要な情報や、落札される確率がアップするちょっとしたコツを紹介しています。 自分が落札者になった気持ちで、情報を公開すると落札される確率がアップします。何度も出品しているが、落札されない方も必見情報です。

まずは登録から始めてみよう!

私達が普段当たり前の様に使っているオークションですが、実はとても長い歴史があります。
オークションが利用される様になったのがなんと紀元前500年頃です。その時は衣類や欲しいものを取引するというよりも結婚相手や奴隷を得る為の生活に必要なオークションでした。その後戦利品や捕虜、不動産がオークションに掛けられていました。中には国の王位がオークションにかけられた歴史もあります。
そこから時は流れて1995年に海外で、オークションサイトが出来ました。そのサイトは今でも運用していますし世界規模で見てもとても大きいマーケットです。
国内でオークションが始まったのが1998年です。その時は店舗中心のオークションでしたが翌年には個人でも利用出来る様に改正され、今に至ります。2005年辺りには1200万人以上が利用していて、身近なものになっています。
ネットオークションはサイトに出品されている商品をチェックし、自分の指定した金額で入札出来るサービスです。入札が複数ある場合は、最高入札者が落札出来ると言う仕組みになっています。仮に落札が無かった場合は数回に分けて再出品する、あるいはオークション終了となるのがほとんどです。
ネット上での取引で顔が見えないので、不透明な部分が無いとは限りませんが運用が提示しているルールをしっかりと守っていれば、安全にサービスを利用出来ます。これまでオークションを利用した事が無い方も、これを機に使ってみてはいかがでしょうか。

こんなトラブルに要注意

オークションは人と人のやりとりなので、トラブルが全く無いとは限りません。良くあるトラブルだけでは無く、トラブルの解決方法についても紹介しています。 個人間のやり取りだとどうしてもいざこざが起きてしまいますが、毅然とした態度を取るのが一番の回避方法です。